• AMERICAN GRAFFITI
    ブリキのアメ車やラジオ、レコード、
    ポップ、フィギュアなどアメリカン
    グラフィティを感じさせるコレクション。
  • MOTION DISPLAY
    1925年~59年にアメリカのベリンジャー・
    スタジオが制作した電気で動く
    ウインドーディスプレイを約50台常設展示。
  • EXHIBITION
    企画展コーナーは、
    2~3ヶ月ごとに入替をして
    北原コレクションワールドを演出。
  • OTHER COLLECTION
    企画展とジョイントしたコレクションや、
    北原が約50年収集してきた
    様々なジャンルのコレクションを展示。
  • MUSEUM SHOP
    オリジナルグッズやアメリカンテイストの商品、
    お菓子などワクワクするようなものが実際に購入出来ます。
    来館の想い出に是非ご利用下さい。
  • Cafée & Gelato
    ヘルシーで体に優しいジェラートの独特な
    食感は、シンプルななめらかさ。
    素敵な空間で是非ご賞味下さい。

ノスタルジックエイジの夢と憧れを
一身に背負った夢見る機械たち。

木やアルミで作ったオブジェは、全て電気仕掛けで動く。
そのモチーフは宝石という商品の性格上、カップルが登場するものが
多いが、いずれも様々な工夫が凝らされ、 実にユニークである。

ベリンジャー社は1925年から59年にかけ驚くほど多くの種類の
モーションディスプレイを製作。最盛期には全米にネットワークを
広げるほどの成功を収めた。 またモーションディスプレイは、
全て非売品だったため市場に出ることはめったになく現在では
コレクタ ー垂涎の的になっている。いずれも動きは単純だがそれが
かえって素朴で温かな雰囲気を醸し出しており古きよき時代をしのばせる。

「MOTION DISPLAY」との出会い

東京八重洲のとある骨董屋で犬の形をしたからくり時計に出会って以来
約50年、僕のコレクションはすっかり趣味の域を超えてしまい、
今では横浜、羽田、箱根、河口湖に常設の博物館を主催するようになった。
とにかく作り手のこだわりを感じられるものが好きで、
ブリキのおもちゃに限らず、時計、ラジオ、ポスター、現代作家など
かなり幅広く集めている。そして、それらの物と出会った時、
そこに何らかの引力が動くのだろうか「これらは僕を待っていた
のではないか」という気に必ずさせられてしまうから不思議である。
モーション・ディスプレイとの出会いもそうだった。
“ハネムーン・ロケット”と言う名前のそれを初めて見たのは1989年頃。
ロサンゼルスの個人ミュージアムが所有していたというもので、
その美しい流線型のロケットは、まだ人間が宇宙へ飛び立つ前の
空想上の形をしており、もともとSFものが好きだった僕に、
果てしなく広がる夢とロマンを抱かせてくれたのである。

誰にでも想い出に残る
懐かしい時代があります。

僕の青春時代だった1960年代の日本は高度経済成長期のまっただ中。
テレビで見るアメリカの文化は憧れの的。車や音楽などとても素敵なものばかりでした。
僕が50年続けている様々なコレクションの中にも、その時代のものが多く含まれています。

「北原コレクションミュージアム」では、アメリカングラフィティをテーマにしたコーナーや、
1925年~59年にアメリカのショーウインドーを飾ったモーションディスプレイコーナー、
企画展示コーナーなど、コーナーごとに異なるものを展示しています。ご来館のお客様には、
懐かしさやワクワク感を感じ頂き、幸せなひとときを過ごしていただければ幸いです。

1948年東京生まれ。
ブリキのおもちゃコレクターの第一人者として世界的に知られている。
大学時代にスキー留学したヨーロッパで、ものを大切にする人たちの文化に触れ、古い時計や生活骨董、ポスター等の収集を始める。
その後、知り合いのデザイナーの家で、インテリアとして飾られていたブリキのおもちゃに出会い、興味を持ち収集を始める。
地方の玩具店などに眠っていたブリキのおもちゃを精力的に収集し、マスコミにも知られるようになる。
そして、イベントがきっかけで、「多くの人にコレクションを見て楽しんでもらいたい」という思いで、
1986年4月、横浜山手に「ブリキのおもちゃ博物館」を開館。
平成15年11月より6年間、フロリダディズニーワールドにて「Tin Toy Stories Made in Japan」のイベントを開催。
現在、テレビ東京「開運!なんでも鑑定団」に鑑定士として出演、また、CM、各地での講演会、トークショー等でも活躍中。
第24回「2007年ベストジーニスト」受賞 2007年度「横浜文化賞」受賞
2008年・2009年度、よこはま教師塾(横浜市教育委員会)塾長に就任2009年4月より、テレビ東京放送番組審議会委員に就任

株式会社トーイズ代表取締役
横浜ブリキのおもちゃ博物館館長

主な著書

「夢の実現 ツキの10ヵ条」トイズプランニング/ちょっといい漢字(評言社)「珠玉の日本語•辞世の句」PHP研究所
「Facebook 100の言葉!」1,2「こころに響く100の言葉 」サンクチュアリ出版/「たった一言が人生を動かす 88の名言」中日映画社 その他多数出版


開館時間 10:00~21:00
(最終入場時間20:00)

住所
〒227-0922 千葉県柏市大島田950-1
セブンパークアリオ柏 2階

電話番号 04-7189-7020

入場料 大人(中学生以上)¥500、
小人 ¥200、
ペアチケット(大人1名・小人2名まで可)¥600

※小人は大人の同伴が必要です。
※小人だけの入場はお断りをさせて頂きます。
※未就学児は無料です。

駐車場
セブンパークアリオ柏の駐車場をご利用ください。

お問い合わせ
info@kashiwa-kitahara-museum.com